読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azure 仮想マシンリージョン間の移動

Azure

普通逆だと思いますが、東日本リージョンに建てている仮想マシンを、米国東部2リージョンに引っ越すことになりました(貧乏だからです・・・)
仮想マシンだけを引っ越すとなると、すべて GUI から可能です。

  1. 仮想マシンを選択
  2. 削除
  3. 接続されたディスクの保持

これで BLOB を保持したまま古い仮想マシンを消し、新しい仮想マシンを作成する際に、簡易作成ではなくギャラリーからを選び、[マイ ディスク] を選びましょう。
残しておいたディスクが出てくるので、それで作り直せば OK です(マイ ディスクに出てこなければ、一旦ログアウト、ログインしてみましょう)。


基本的に、静的IPを振るために仮想ネットワークに所属させたりする場合も、同じ手順を踏みます。
(仮想ネットワークに所属させていないインスタンスをネットワークに所属させたい場合、現時点では作り直すしか方法はないようです)
インスタンスを作成し直すため、エンドポイントの設定等仮想マシン作成後からの設定を無くさないように注意してください。


これだけだとディスクが東日本リージョンに残ってしまうため、次の手順を踏み米国東部2リージョンにストレージをコピーします。

  1. Azure SDK のセットアップ
  2. ストレージのコピー
    1. Add-AzureAccount あるいは、認証済みで複数アカウントが存在するのであれば Select-AzureSubscription "Visual Studio Professional with MSDN" などとします
    2. ストレージを表示し、リストの中から移行元となる東日本リージョンのディスクを選択します
    3. コンテナーから、移行元対象の BLOB の URL をコピーします
    4. [ダッシュボード]の[アクセス キーの管理]よりプライマリアクセスキーをコピーします
      • xxxxx だったとします。
    5. 同様に、移行先となるストレージを選択し、移行先のコンテナの URL をコピーします。
    6. [ダッシュボード]の[アクセス キーの管理]よりプライマリアクセスキーをコピーします
      • yyyyy だったとします。
    7. azcopy /Source:https://portalvhdsxxxxxxxxxxxxx.blob.core.windows.net/vhds /Dest:https://portalvhdsyyyyyyyyyyyyy.blob.core.windows.net/vhds /SourceKey:xxxxx /DestKey:yyyyy /S
    8. 移行先である https://portalvhdsyyyyyyyyyyyyy.blob.core.windows.net/vhds に xxxxxxxx.xxxxxxxxxxxxxxxxxfrom.vhd ができていることが、GUI から確認できます。
    9. 仮想マシンを選び、イメージタブからイメージの作成を選び、移行先にコピーした https://portalvhdsyyyyyyyyyyyyy.blob.core.windows.net/vhds/xxxxxxxx.xxxxxxxxxxxxxxxxxfrom.vhd よりイメージを作成します。
    10. 後は、仮想マシンの作成より、簡易作成ではなくギャラリーから作成し、[マイ イメージ]に前ステップで作成したイメージで仮想マシンを作成します。
    11. ╭( ・ㅂ・)و グッ