読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IFTTT HTTPチャンネル

http://blog.ifttt.com/post/117715734213/meet-the-team-devin
blog.ifttt.com
こんなブログが出ていたので、HTTPチャンネル作って欲しいと要望を出しておいた。
Azure Logic Apps だとリリース当初から存在しているので、IFTTT にもできて欲しいと言っておいた。
そうすれば、みんな WordPress 使う必要がなって幸せになれますよ、と。

ところで、IFTTT のプレミアムアカウントはまだなんだろうか。

Google Cloud Pub/Sub 使ってみた


Cloud Pub/Sub - Reliable Enterprise Messaging in the Cloud — Google Cloud Platform

Google Cloud Pub/Sub が公開ベータになったので、早速使ってみました。
一見、Amazon SNS と競合するサービスなのかと思いきや、単なるメッセージ送信サービスであり、競合は ZeroMQ などのような MQ ライブラリとなっています。
ZeroMQ と違うのは、push だけでなく pull にも対応しており、メールのように未読のメッセージを取りに行って取得するようなこともできるようになっている点です。

メッセージを配信するサーバー、受信するサーバーは GCE や GAE 以外のクラウドサービス・オンプレのどちらもいいのですが、GCE, GAE 以外から使用する場合従来の Google の他の API 同様サーバーキーを用いて認証したり、ウェブマスター ツールによるサイトの登録が必要になります。

面倒くさいので、今回は配信元、配信先共に GAE とします。
多分これが一番早いと思います(嘘)。

プロジェクトの作成

Google Developers Console
よりプロジェクトを作成します。作成したプロジェクトIDを「test-pub-sub」とします。

Google Cloud Pub/Sub API の有効化

プロジェクトを作成したら、[API と認証] - [API] 画面より [Google Cloud Pub/Sub] を [オン] にします。

GAE プロジェクトの作成(Javaでオナシャス!)

test-pub-sub の GAE アプリケーションを作成します。

Google Cloud Pub/Sub v1beta2 Client Library for Java の配置

https://cloud.google.com/pubsub/libraries#libraries より Java 用のライブラリをダウンロードします。

pubsub/google-api-services-pubsub-v1beta2-rev1-1.19.1.jar を GAE の WEB-INF/lib に配置します。
pubsub/libs 配下にある以下の jar を、GAE の WEB-INF/lib に配置します。

  • commons-logging-1.1.1.jar
  • google-api-client-1.19.1.jar
  • google-api-client-appengine-1.19.1.jar
  • google-http-client-1.19.0.jar
  • google-http-client-appengine-1.19.0.jar
  • google-http-client-jackson2-1.19.0.jar
  • google-oauth-client-1.19.0.jar
  • google-oauth-client-appengine-1.19.0.jar
  • httpclient-4.0.1.jar
  • httpcore-4.0.1.jar
  • jackson-core-2.1.3.jar

更に、以下の jar を、GAE の WEB-INF/lib に配置します。

Java ファイルの配置

https://github.com/GoogleCloudPlatform/cloud-pubsub-samples-java/tree/master/cmdline-pull/src/main/java/com/google/cloud/pubsub/client/demos/cli
にある Java ファイルを GAE に配置します。
私は以下のようにパッケージを変更して配置しました(demos/cli を除去)

  • com.google.cloud.pubsub.client.RetryHttpInitializerWrapper
  • com.google.cloud.pubsub.client.SubscriptionMethods
  • com.google.cloud.pubsub.client.TopicMethods
  • com.google.cloud.pubsub.client.Utils

Pubsub 生成クラス (AppEngineConfiguration) の実装

Google Cloud Pub/Sub ではすべての API は Pubsub インスタンスを経由します。
Pubsub インスタンスは、サーバーを GAE, GCE 等のどこで運用するかで生成方法が異なります。
Setting Up Your Application - Google Cloud Pub/Sub — Google Cloud Platform
今回は GAE 上で実行するため、以下で OK です。

import java.io.IOException;

import com.google.api.client.extensions.appengine.http.UrlFetchTransport;
import com.google.api.client.googleapis.auth.oauth2.GoogleCredential;
import com.google.api.client.googleapis.extensions.appengine.auth.oauth2.AppIdentityCredential;
import com.google.api.client.http.HttpRequestInitializer;
import com.google.api.client.http.HttpTransport;
import com.google.api.client.json.JsonFactory;
import com.google.api.client.json.jackson2.JacksonFactory;
import com.google.api.services.pubsub.Pubsub;
import com.google.api.services.pubsub.PubsubScopes;
import com.google.cloud.pubsub.client.RetryHttpInitializerWrapper;

/**
 * Create a Pubsub client on App Engine.
 */
public class AppEngineConfiguration {
    private static final HttpTransport TRANSPORT = UrlFetchTransport.getDefaultInstance();

    private static final JsonFactory JSON_FACTORY = JacksonFactory.getDefaultInstance();

    public static Pubsub createPubsubClient() throws IOException {
        final GoogleCredential credential = new AppIdentityCredential.AppEngineCredentialWrapper(TRANSPORT, JSON_FACTORY).createScoped(PubsubScopes.all());
        // Please use custom HttpRequestInitializer for automatic
        // retry upon failures. We provide a simple reference
        // implementation in the "Retry Handling" section.
        final HttpRequestInitializer initializer = new RetryHttpInitializerWrapper(credential);

        return new Pubsub.Builder(TRANSPORT, JSON_FACTORY, initializer).setApplicationName("test-pub-sub").build();
    }
}

アプリケーション名を設定しないと実行時に警告が出るため、適当に設定します(setApplicationName("test-pub-sub") の部分)

Topic 管理サーブレット

Pub/Sub の Topic を取得・作成・削除するサーブレットです。

import java.io.IOException;
import java.io.Writer;
import java.util.List;
import java.util.logging.Logger;
import java.util.regex.Matcher;
import java.util.regex.Pattern;

import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

import com.google.api.services.pubsub.Pubsub;
import com.google.api.services.pubsub.model.Empty;
import com.google.api.services.pubsub.model.ListTopicsResponse;
import com.google.api.services.pubsub.model.Topic;

public class TopicsServlet extends HttpServlet {
    private static final long serialVersionUID = 1L;

    private static final Pattern TOPIC_NAME_PATTERN = Pattern.compile("/topics/(.+)");

    @Override
    final protected void doGet(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();
        final Pubsub.Projects.Topics.List listMethod = pubsub.projects().topics().list("projects/test-pub-sub");
        String nextPageToken = null;
        ListTopicsResponse listTopicsresponse;

        do {
            if (nextPageToken != null) {
                listMethod.setPageToken(nextPageToken);
            }
            listTopicsresponse = listMethod.execute();

            final List<Topic> topics = listTopicsresponse.getTopics();

            if (topics != null) {
                final Writer writer = response.getWriter();

                for (final Topic topic : topics) {
                    writer.write(topic.getName());
                    writer.write("\n");
                }
            }

            nextPageToken = listTopicsresponse.getNextPageToken();
        } while (nextPageToken != null);
    }

    @Override
    final protected void doPost(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        request.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setContentType("text/plain");

        final String name = request.getParameter("name");

        if (StringUtils.isBlank(name)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(name);

        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();
        final Topic newTopic = pubsub.projects().topics().create(name, new Topic()).execute();
        final Writer writer = response.getWriter();

        writer.write(newTopic.getName());
    }

    @Override
    final protected void doDelete(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        final String requestURI = request.getRequestURI();

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(requestURI);

        String name = null;
        final Matcher matcher = TOPIC_NAME_PATTERN.matcher(requestURI);

        if (matcher.find()) {
            name = matcher.group(1);
        }

        if (StringUtils.isBlank(name)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(name);

        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();

        pubsub.projects().topics().delete(name).execute();
    }
}

後に web.xml で /topics に URL マッピングします。
/topics に GET することでトピックの一覧を表示、パラメータ名=name としてトピック名を指定することで、トピックの作成、/topics/... に DELETE リクエストを投げることで、トピックを削除します。
作成するトピック名はここでは
projects/test-pub-sub/topics/自由な名前
になります。使用可能なリソース名については
What is Google Cloud Pub/Sub? - Google Cloud Pub/Sub — Google Cloud Platform
を参照してください。
Chrome をご使用でしたら Postman などを利用し、name=projects/test-pub-sub/topics/test-topic な POST をリクエストすることでトピック名=projects/test-pub-sub/topics/test-topic を作成できます。

Subscription 管理サーブレット

Pub/Sub の Subscription を取得・作成・削除するサーブレットです。

import java.io.IOException;
import java.io.Writer;
import java.util.List;
import java.util.logging.Logger;
import java.util.regex.Matcher;
import java.util.regex.Pattern;

import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

import com.google.api.services.pubsub.Pubsub;
import com.google.api.services.pubsub.model.Empty;
import com.google.api.services.pubsub.model.ListSubscriptionsResponse;
import com.google.api.services.pubsub.model.PushConfig;
import com.google.api.services.pubsub.model.Subscription;

public class SubscriptionsServlet extends HttpServlet {
    private static final long serialVersionUID = 1L;

    private static final Pattern SUBSCRIPTION_NAME_PATTERN = Pattern.compile("/subscriptions/(.+)");

    @Override
    final protected void doGet(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();
        final Pubsub.Projects.Subscriptions.List listMethod = pubsub.projects().subscriptions().list("projects/test-pub-sub");
        String nextPageToken = null;
        ListSubscriptionsResponse listSubscriptionsResponse;

        do {
            if (nextPageToken != null) {
                listMethod.setPageToken(nextPageToken);
            }
            listSubscriptionsResponse = listMethod.execute();

            final List<Subscription> subscriptions = listSubscriptionsResponse.getSubscriptions();

            if (subscriptions != null) {
                final Writer writer = response.getWriter();

                for (final Subscription subscription : subscriptions) {
                    writer.write(subscription.getName());
                    writer.write("\n");
                }
            }

            nextPageToken = listSubscriptionsResponse.getNextPageToken();
        } while (nextPageToken != null);
    }

    @Override
    final protected void doPost(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        request.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setContentType("text/plain");

        final String endpointName = request.getParameter("endpoint");

        if (StringUtils.isBlank(endpointName)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(endpointName);

        final String topicName = request.getParameter("topic");

        if (StringUtils.isBlank(topicName)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(topicName);

        final String subscriptionName = request.getParameter("subscription");

        if (StringUtils.isBlank(subscriptionName)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(subscriptionName);

        final PushConfig pushConfig = new PushConfig().setPushEndpoint(endpointName);
        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();
        final Subscription subscription = new Subscription()
        // The name of the topic from which this subscription
        // receives messages
                .setTopic(topicName)
                // Ackowledgement deadline in second
                .setAckDeadlineSeconds(60)
                // Only needed if you are using push delivery
                .setPushConfig(pushConfig);
        final Subscription newSubscription = pubsub.projects().subscriptions().create(subscriptionName, subscription).execute();
        final Writer writer = response.getWriter();

        writer.write(newSubscription.getName());
    }

    @Override
    final protected void doDelete(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        final String requestURI = request.getRequestURI();

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(requestURI);

        String name = null;
        final Matcher matcher = SUBSCRIPTION_NAME_PATTERN.matcher(requestURI);

        if (matcher.find()) {
            name = matcher.group(1);
        }

        if (StringUtils.isBlank(name)) {
            return;
        }

        Logger.getLogger(getClass().getName()).info(name);

        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();

        pubsub.projects().subscriptions().delete(name).execute();
    }
}

後に web.xml で /subscriptions に URL マッピングします。
/subscriptions に GET することでサブスクリプションの一覧を表示、パラメータ名=topic, subscription, endpoint として POST することで、指定したトピックに指定したサブスクリプション名で指定したエンドポイントへのサブスクリプションの作成、/subscriptions/... に DELETE リクエストを投げることで、サブスクリプションを削除します。
作成するサブスクリプション名はここでは
projects/test-pub-sub/subscriptions/自由な名前
になります。使用可能なリソース名については
What is Google Cloud Pub/Sub? - Google Cloud Pub/Sub — Google Cloud Platform
を参照してください。
Chrome をご使用でしたら Postman などを利用し、topic=projects/test-pub-sub/topics/test-topic, subscription=projects/test-pub-sub/subscriptions/test-subscription, endpoint=https://test-pub-sub.appspot.com/endpoint な POST をリクエストすることでサブスクリプションを作成できます。
エンドポイントは自分自身以外を指定する場合、ウェブマスター ツールに登録されていないといけません。今回は自分自身を指定しているので、登録は不要です。
また、現時点(2015/03/06)でエンドポイントは https である必要があります。

メッセージ配信サーブレット

Pub/Sub のメッセージを配信するサーブレットです。

import java.io.IOException;
import java.io.Writer;
import java.nio.charset.StandardCharsets;
import java.util.List;

import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import org.apache.commons.lang3.StringUtils;

import com.google.api.services.pubsub.Pubsub;
import com.google.api.services.pubsub.model.PublishRequest;
import com.google.api.services.pubsub.model.PublishResponse;
import com.google.api.services.pubsub.model.PubsubMessage;
import com.google.common.collect.ImmutableList;

public class MessagesServlet extends HttpServlet {
    private static final long serialVersionUID = 1L;

    @Override
    final protected void doPost(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        request.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setContentType("text/plain");

        final String topicName = request.getParameter("topic");

        if (StringUtils.isBlank(topicName)) {
            return;
        }

        final String message = request.getParameter("message");

        if (StringUtils.isBlank(message)) {
            return;
        }

        final Pubsub pubsub = AppEngineConfiguration.createPubsubClient();
        final PubsubMessage pubsubMessage = new PubsubMessage();

        // You need to base64-encode your message with
        // PubsubMessage#encodeData() method.
        pubsubMessage.encodeData(message.getBytes(StandardCharsets.UTF_8));

        final List<PubsubMessage> messages = ImmutableList.of(pubsubMessage);
        final PublishRequest publishRequest = new PublishRequest().setMessages(messages);
        final PublishResponse publishResponse = pubsub.projects().topics().publish(topicName, publishRequest).execute();
        final List<String> messageIds = publishResponse.getMessageIds();

        if (messageIds != null) {
            final Writer writer = response.getWriter();

            for (final String messageId : messageIds) {
                writer.write(messageId);
                writer.write("\n");
            }
        }
    }
}

後に web.xml で /messages に URL マッピングします。
/messages にパラメータ名=topic, message として POST することで、指定したトピックに指定したメッセージを配信します。
Chrome をご使用でしたら Postman などを利用し、topic=projects/test-pub-sub/topics/test-topic, message=テストメッセージ な POST をリクエストすることでメッセージを配信できます。

メッセージ受信サーブレット

Pub/Sub のメッセージを受信するサーブレットです。

import java.io.IOException;
import java.nio.charset.StandardCharsets;

import javax.servlet.ServletInputStream;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

import com.google.api.client.json.JsonParser;
import com.google.api.client.json.jackson2.JacksonFactory;
import com.google.api.services.pubsub.model.PubsubMessage;

public class EndpointServlet extends HttpServlet {
    private static final long serialVersionUID = 1L;

    @Override
    final protected void doPost(final HttpServletRequest request, final HttpServletResponse response) throws IOException {
        request.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setCharacterEncoding("UTF-8");
        response.setContentType("text/plain");

        final ServletInputStream reader = request.getInputStream();

        try {
            // Parse the JSON message to the POJO model class.
            final JsonParser parser = JacksonFactory.getDefaultInstance().createJsonParser(reader);

            parser.skipToKey("message");

            final PubsubMessage message = parser.parseAndClose(PubsubMessage.class);
            // Base64-decode the data and work with it.
            final String data = new String(message.decodeData(), StandardCharsets.UTF_8);

            // Work with your message
            // Respond with a 20X to acknowledge receipt of the message.
            response.getWriter().write(data);
            response.setStatus(HttpServletResponse.SC_OK);
        } finally {
            reader.close();
        }
    }
}

後に web.xml で /endpoint に URL マッピングします。
配信されたメッセージをパースし、そのままレスポンスとして出力するだけとしています。
配信されるメッセージのフォーマットは以下を参照してください。
Subscriber Guide - Google Cloud Pub/Sub — Google Cloud Platform

web.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><web-app xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee" xmlns:web="http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd" xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/web-app_2_5.xsd" version="2.5">
  <servlet>
    <servlet-name>TopicsServlet</servlet-name>
    <servlet-class>TopicsServlet</servlet-class>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>
  <servlet>
    <servlet-name>SubscriptionsServlet</servlet-name>
    <servlet-class>SubscriptionsServlet</servlet-class>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>
  <servlet>
    <servlet-name>EndpointServlet</servlet-name>
    <servlet-class>EndpointServlet</servlet-class>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>
  <servlet>
    <servlet-name>MessagesServlet</servlet-name>
    <servlet-class>MessagesServlet</servlet-class>
    <load-on-startup>1</load-on-startup>
  </servlet>

  <servlet-mapping>
    <servlet-name>TopicsServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/topics</url-pattern>
  </servlet-mapping>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>TopicsServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/topics/*</url-pattern>
  </servlet-mapping>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>SubscriptionsServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/subscriptions</url-pattern>
  </servlet-mapping>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>SubscriptionsServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/subscriptions/*</url-pattern>
  </servlet-mapping>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>EndpointServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/endpoint</url-pattern>
  </servlet-mapping>
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>MessagesServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/messages</url-pattern>
  </servlet-mapping>

  <security-constraint>
    <web-resource-collection>
      <web-resource-name>admin</web-resource-name>
      <url-pattern>/*</url-pattern>
    </web-resource-collection>
    <auth-constraint>
      <role-name>admin</role-name>
    </auth-constraint>
  </security-constraint>
</web-app>

ここでは一応、security-constraint で自分自身以外がトピックやサブスクリプションを変更できないようにしておきます。

というわけでササッと触ってみました。IRC やメールの様な機能を作成することができそうです。
MQ のような Pub/Sub 機能を作成する際の選択肢の一つとしてどうぞ。

RSS を自動生成


ifttt-webhook 改良 - yanoの日記
IFTTT の連携先として WordPress を ifttt-webhook で構築できたので、後は入力です。
入力はメールや Twitter, rss 等で連携させるのがやはり手っ取り早いですね。

rss 化は色々試しましたが、IFTTT の連携元としては以下が一番よかったです。

Page2Feed API | EDGE

しかし、やはり限界があります。
試しにアニプレックスの新着ニュースを rss 化させたところ、誤認識が多いです。

ということで、使ってみました。
Pipes: Rewire the web

こちらのサービスだと、XPath で対象となるフィードを選択でき他サービスより細かくフィードを生成できます。
そういうわけで、試しに Aniplex 用の rss を生成してみました。

Pipes: Aniplex新着ニュース

これで IFTTT の連携が捗りますね!

ifttt-webhook 改良


captn3m0/ifttt-webhook · GitHub

IFTTT の Web フックが欲しくて上記の WordPress にペルソナ(w)する WebHook コードを Heroku で動かしていますが、以下の不満が発生。
・Body にフック先 URL しか指定できない
・タグが無視される

ということで、上記を解消したコードを載せておきます。

xmlrpc.php

32行目付近の switch の中身を以下のように変更します。

            switch((string)$data->name)
            {
                //neglect these sections of the request
                case 'post_status' ://publish status
                    break;
                case 'mt_keywords': //tags
                    $tags=array();
                    foreach($data->xpath('value/array/data/value/string') as $cat)
                        array_push($tags,(string)$cat);
                    $obj->tags = $tags;
                    break;

                //the passed categories are parsed into an array
                case 'categories':
                    $categories=array();
                    foreach($data->xpath('value/array/data/value/string') as $cat)
                        array_push($categories,(string)$cat);
                    $obj->categories = $categories;
                    break;

                case 'description':
                    // $url = (string)$data->value->string;
                    $description = str_replace("<br>", "\n", (string)$data->value->string);
                    $description_array = explode("\n", $description);
                    $url = $description_array[0];
                    array_shift($description_array);
                    $obj->description = trim(implode("\n", $description_array), "\n");
                    break;
                //this is used for title
                default:
                    $obj->{$data->name} = (string)$data->value->string;
            }

タグが tags パラメータとして渡されるようになります。
また、Body の一行目がフック先の URL となり、二行目以降を description パラメータとして受け取ることができるようになります。

Nexus 6 を (σ´∀`)σゲッツ!!

無事 Nexus 6 を (σ´∀`)σゲッツ!! しました!
ので、ちょっとまとめます。


AWS Lambda を利用して Nexus 6 を (σ´∀`)σゲッツ!! - yanoの日記
この記事のやり方ですと、AWS Lambda を動かすリージョンの在庫チェックになってしまいます。
私は US で動かしていたので米国の Google Play の在庫を(意図せず)チェックしていたのですが、日本時間の木曜の朝 03:55 に在庫の補充がありました。
米国の IP アドレスで Google Play にアクセスすると水曜日に在庫を補充する、と記載されているので、記載通りの補充になりますね。


AWS Lambda を利用して Nexus 6 を (σ´∀`)σゲッツ!! できないんだよ・・・ - yanoの日記
こちらのやり方ですと、サーバーを国内に建てた場合日本の Google Play の在庫チェックになります。
日本国内の在庫チェックを行っていましたが、日本時間の木曜早朝 02:00 ~ 04:00 の間に在庫が補充されると思いきや、されませんでした。
在庫が補充されたのは、金曜日(2015/1/31) の 13:25 (日本時間)です。
このタイミングで、青色・32GB のみが在庫有りになりました。
それから数秒後、青/白・32GB/64GB 両方が在庫有りになりました。
それから 20 分後(13:45 付近)には 64GB の在庫が青/白共になくなりました。
14:00 には、すべてが在庫切れになりました。

検索すると日本時間の水曜深夜 26:00 ~ 30:00 に辺りに在庫が補充される等言われていますが、必ずしもそうではないようです。
SIMフリー Nexus 6 をお求めの方は、毎日気を抜かずチェックできる態勢を整えたほうがよいでしょう。

SPECIALIZED TARMAC ELITE(Satin Carbon/ Rocket Red/ White) が格好良すぎる

最近自転車にはまっている自分。
知り合いと荒川下流から白石峠までを往復してたりします(200km ぐらい)。
でも、僕が持ってるのは BIANCHI ROMA2、しょっぱいです。

スペシャライズド・ジャパン

これ超欲しい~
色的にも赤が入ってる方が最高。

TestTubeLED Clock Kit

http://nixie-tube.com/shop/4_102.html

※当キットのパーツは、殆どがチップパーツ(表面実装)を使用しています。

その為、ハンダ付けはかなり慣れた人でないと難しいかもしれません。

問い合わせてみたところ、TestTubeLEDClock だけでなく基本的にはすべてのチップパーツはピッチ 1.27mm とのこと。
理由は、これ以下だと手でのはんだの失敗率が格段に上がるからだとか。

秋月ならこの辺で練習ですかね。

表面実装用RS232CインターフェースIC(1.27mm)ADM3202ARN(2個入): 半導体 秋月電子通商 電子部品 ネット通販


SOP28ピン 1.27mm DIP変換基板 金フラッシュ: パーツ一般 秋月電子通商 電子部品 ネット通販


1.27mm であれば、まぁ大丈夫でしょう。